高麗神社

■未来へ1799 〜高麗神社に言葉を残そう〜

新しい希望を胸に高麗郡に集まった1799人の高麗人に因み、建郡1300年の佳節を記念し、同数の1799枚の未来への願いを記した手紙を残す、タイムカプセル企画です。

参加方法
@ 下記のお店(用紙配布所)に置かれた専用記入用紙をもらい必要事項(住所・氏名・裏面)を書き入れる。
A 書いた用紙は自身で高麗神社へお持ちいただくか、又は封筒に入れて郵送で送ってください。

タイムカプセル取扱店リスト

尚、手紙は埋めません。祭典(納め式)を行い、神様の鎮しずまる本ほん殿でん傍かたわらに2016年から2016年の10年間保管いたします。10年後の5月16日高麗郡建郡記念神恩感謝祭で開封し、皆様にお返しいたします。手紙受付時には、詳細の書かれた「預り証」をお渡しいたします。

企画/問い合わせ 高麗神社社務所 TEL:042-989-1403 FAX:042-985-2794

未来へ1799 〜高麗神社に言葉を残そう〜

■夏越大祓式

日本の神社では、昔から1年のうちに2回、「大祓(おおはらえ)」という行事を行ってきました。大祓とは「穢れ」や「罪」を祓い、常に清らかな状態で日々を過ごすために行う神事のことで、12月の末に行う「年越しの大祓」と、6月の末に行う「夏越の大祓」があります。

高麗神社では、6月26日(日)午後2時から「夏越の大祓式」を斎行します。大祓式では、「人形(ひとがた)で身体を清め、神職と「大祓詞」を奏上し、「茅の輪」をくぐります。式終了、参列者へは「夏越大祓大麻」(お札)と「茅の輪守り」を授与いたします。式の所要時間はおよそ30分です。

大祓式で半年分の罪・穢れを祓い清め、暑い夏を乗り切りましょう。

■夏越の大祓式について

日時:6月26日(日)午後2時から ※雨天決行
場所:高麗神社境内
受付:当日午後1時20分から
料金:お気持ちでお納めください
授与品:「夏越大祓大麻」(お札)と「茅の輪守り」
持参品:雨天の場合は傘や雨具をご持参下さい
問合せ:042−989−1403(9:00〜17:00)高麗神社社務所

夏越大祓式 夏越大祓式

■七夕昇殿祈願

七夕昇殿祈願とは乞巧奠(きっこうてん)にちなみ部活動や習い事、若しくは手先を使う
仕事等の技の上達を祈願する事です。
乞巧奠とは七夕の由来の一つとされ、機織りの名手だった織姫に裁縫の上達を願った行事の事で、これが後に和歌や蹴鞠、習字などの技芸上達を願うようになったとされています。
当社では技芸上達をお祈りすると共に皆様が普段使われている道具もお預かりして神前にてお祓いいたします。
ご祈願終了後には”七夕御幣”と”五色の祓い串を授与いたします。七夕御幣はご家庭で
おまつり頂き、五色の祓い串にて日頃お使いの道具をお祓いいただきます。

期 間:7月1日〜7月7日迄
時 間:期間中8:30〜17:00(祈願は約20分程です)
受 付:高麗神社参集殿祈願受付
玉串料:お気持ちでお納め下さい

※普段お使いになられている道具をお持ち頂ければ御神前にてお祓いを致します。
(御神前にあげますので道具はきれいな状態でお持ち下さい)

七夕昇殿祈願